トップページ会社案内製品案内お知らせ関連サイト求人情報
   

 

二軸せん断破砕機

 

 

 

特徴

  • 低速回転のため、ハンマ式等の高速回転式と比較して爆発の危険性が低減されます。
  • 低速回転でせん断破砕するため、高速回転式と比較して、騒音・振動・粉塵が少なく、作業環境が改善されます。
  • 破砕過負荷となった場合、自動的に正逆回転を繰り返し、連続運転を行ないます。
  • 布団・畳等の柔らかいものから、自転車・洗濯機等の硬いものまで、広範囲の処理物に対応できます。
  • スプラインカッターシャフトが六角形のため、シャフトにかかる伝達力が均等です。 (一部小型機を除く)
  • カッタは一枚物で、二枚重ねにする事もでき、耐久性に優れています。

TEC-1010
TEC-1010型

 

TCEシリーズ(電動機Vベルト駆動)

仕様

 

機種
破砕室長さ(mm)
破砕室幅(mm)
最大投入寸法
縦×横×長さ(m)
カッタ
動力
質量
(ton)
径(mm)
幅(mm)
kW(標準) 台数
TCE-0706
720
670
0.3×0.4×1.2
340
16,19,25
15
1
3.0
TCE-0906
920
670
0.4×0.5×1.5
340
25,37
22
1
3.5
TCE-1208
1250
890
0.5×0.8×1.8
467
37,50,75
37
1
10
TCE-1010
1050
1050
0.6×0.8×1.8
532
37,50,75
37
2
10
TCE-1310
1370
1050
0.6×1.0×2.0
532
37,50,75
45
2
11
TCE-1610
1625
1050
0.6×1.2×2.0
532
37,50,75
55
2
14

 

 

 

 

破砕適用物

破砕不適物

TCE-0706〜1208

紙、木屑、建具、空缶、小型家電品、プラスチック容器、一般都市ごみ、焼却灰 等

自転車、モータ、コンプレッサ、ミシン、工具類、エンジン、農耕具、ワイヤロープ、最大投入寸法より大きいもの 等

TCE-1010〜1610

φ75mm以下のロール紙、ビーニル、家具、畳、自転車、布団、空缶、タイヤ、φ200mm以下の木材、プラスチック容器、一般家庭ごみ、建築廃材、カーペット 等

モータ、コンプレッサ、エンジン、金庫工具類、ガスボンベ、ワイヤロープ、大型トラック用タイヤ、最大投入寸法より大きいもの 等

 

 

 

TCHシリーズ(油圧駆動)






仕様

TCH-1610
 TCH-1610型

 

機種 破砕室長さ
(mm)
破砕室幅
(mm)
最大投入寸法
縦×横×長さ
(m)
カッタ 動力
質量
(ton)
(mm)
幅(mm)
kW(標準)
台数
TCH-1208 1250 890 0.5×0.8×1.8 467
37,50,75
75
1 7
TCH-1010 1050 1050 0.6×0.8×1.8 532
37,50,75
45
2 7
TCH-1310 1370 1050 0.6×1.0×2.0 532
37,50,75
45
2 8.5
TCH-1610 1625 1050 0.6×1.2×2.0 532
37,50,75
55
2 9
TCH-1813 1815 1315 0.8×1.4×2.2 684
50,75,100
75
2 16
TCH-2018 2030 1830 1.0×1.6×2.5 924
75,100
110
2 27
TCH-2718 2700 1830 1.0×1.8×3.0 924
75,100
132
2 30

 

 

 

 
破砕適用物
破砕不適物
TCH-1208〜2718
φ75mm以下のロール紙、ビーニル、家具、畳、自転車、布団、空缶、タイヤ、φ200mm以下の木材、プラスチック容器、一般家庭ごみ、建築廃材、カーペット 等 モータ、コンプレッサ、エンジン、金庫工具類、ガスボンベ、ワイヤロープ、大型トラック用タイヤ、最大投入寸法より大きいもの 等

 

 

 

 

TCWシリーズ(電動機Vベルト駆動)







仕様

※TCW型は、軸を斜めに配置することにより長物の通過が少なく、また排出ダンパにより破砕不適物を容易に排出できる構造となっております。

TCW-0906
 TCW-0906型

 

機種
破砕室長さ(mm)
破砕室幅(mm)
最大投入寸法
縦×横×長さ(m)
カッタ
動力
質量
(ton)
径(mm)
幅(mm)
kW(標準)
台数
TCW-0906
920
670
0.4×0.5×1.5
340
25,37
22
1
4
TCW-1010
1050
1005
0.6×0.8×1.8
532
37,50,75
55
1
10
TCW-1310
1370
1005
0.6×1.0×1.8
532
37,50,75
55
1
11
TCW-1610
1625
1005
0.6×1.2×2.0
532
37,50,75
75
1
13

 

 

 

  
破砕適物(例)
破砕不適物(例)
TCW-0906〜1610
紙、雑誌、ビニール、家具、畳、空缶、
φ
210mm以下の木材、プラスチック容器、一般都市ごみ、建築廃材、カーペット等
モータ、コンプレッサ、ミシン、金庫工具類エンジン、農耕具、ワイヤーロープ、ガスボンベ大型車輌用タイヤ、投入最大寸法より大きいもの

 

 

 

一軸破砕機

 

 

 

HSCシリーズ
 (高速回転剪断式電動機Vベルト駆動)

特徴
カッタをW螺旋状に配列ハイレツしているので、軟質プラスチック、ビニール等も鋭く裁断します。

  • フィルムや繊維が絡み難い構造です。
  • 上部フレーム後部が油圧開閉式になっているので、メンテナンスが容易です。
  • 押し込みプッシャーにより、嵩比重の大きい物まで破砕します。
  • 排出スクリューにより、破砕物をスムーズに排出します。  

破砕対象物
廃家電品、廃A機器、軟硬質プラスチック、プリント基板、フレコンバック、電線、発泡スチロール、ペットボトル等。 

HCS-087
HCS-087型 

 


仕様

 

機種
外形寸法(mm) 投入口寸法(mm) 最大投入寸法
縦×横×長さ(m)
動力

質量
(ton)

kW(標準)
台数
HSC-065
2180×1180×1130
600× 600
0.5×0.4×0.3
37
1
3.1
HSC-087
2210×1300×1140
800× 600
0.7×0.4×0.4
55
1
3.7
HSC-109
2265×1920×1140
1000× 600
0.8×0.4×0.5
75
1
4.8
HSC-209
4760×3540×3500
2000×2000
0.9×1.2×1.6
250
1
30

 

 

 

 

LSCシリーズ
(
低速回転せん断式;電動機Vベルト駆動)

特徴

  • 理想の破砕室で大容量処理を実現しました。
  • 用途の応じて2種類のロータが選べます。
  • 油圧開閉のハッチバック式でラクラクのメンテナンスです。
  • 負荷連動の予測制御プッシャーを搭載し常に一定の破砕電流を保ちます。 
  • プラスチックフィルム、ビニールシート、PPバンド等の長物もロータに巻き付きがありません。
  • 大きなロータで高負荷破砕も容易にこなせます。
  • 独立した専用軸受でシール性が良く、ベアリングに破砕物等の混入がありません。
  • 低騒音、低振動で環境にやさしい破砕機です。
破砕対象物
軟硬質プラスチック、プリント基板、木材、紙等

 LSC-8型
LSC-8型

 


仕様

機種
モータ
kw
回転刃枚数

ロータ経
mm
ロータ回転数
min-1
質量
kg
LSC-8S
37〜55
22〜44
500
40〜80
5000
LSC-12S
45〜75
34〜68
500
40〜80
6000
LSC-12L
55〜90
68
850
40〜80
15500
LSC-15S
55〜110
46〜92
500
40〜80

8000

LSC-15L
75〜132
92
850
40〜80

18500

LSC-18L
90〜160
116
850
40〜80

21550

LSC-20L
110〜200
140
850
40〜80
25000

 

 

 

SRCシリーズ(低速回転せん断式;電動機駆動)

特徴
  • ロストルの開き目を変えることで希望サイズにせん断破砕されます。
  • カッタを4回反転使用できるので経済的です。
  • フレームが油圧開閉式になっているので、保守点検が容易です。
破砕対象物
ビニール、ペツトボトル、発泡スチロール等

SRC-503
SRC-503 

 


仕様

 

機種
外形寸法(mm) 投入口寸法(mm) 最大投入寸法
縦×横×長さ(m)
動力

質量
(ton)

kW(標準)
台数
SRC-503
1300×1000×2000
500×400
0.20×0.20×0.25
11
1
1.75

 

 

 

一軸ロール破砕機

 

 

 

RCCシリーズ(低速回転圧縮破砕機;電動機駆動)

特徴
  • ロータと固定歯を組替えることで、粗破砕(50〜20mm)細破砕用(10〜5mm)として使用できます。
  • ロストルの開き目を変えることで、希望サイズに圧縮破砕されます。
  • カッタを4回反転使用できるので経済的です。
  • 点検窓から容易にカッタを交換できます。
砕対象物
瓶、アスファルト廃材、コンクリート廃材、溶融スラグ等

RCC-505
 RCC-505

 


仕様

 

機種
外形寸法(mm) 投入口寸法(mm) 最大投入寸法
縦×横×長さ(m)
動力

質量
(ton)

kW(標準)
台数
RCC-505
1300×1000×2000
500×400
0.20×0.20×0.25
11
1
1.75

 

 

 

スラグ破砕機
(高速回転破砕機;電動機Vベルト駆動)

特徴

  • ロータが両回転可能な構造のため、負荷の変動や目詰まりに速やかに対応できます。
  • 4面(一部機種は2面)の破砕面を持つ自動反転式ハンマ(一部の機種を除く)の採用により、ハンマの4面が均等に磨耗していくため、ハンマの寿命が長く、交換頻度が少なくすみます。
  • ロータ周速、ハンマ数量、グレートバー開き目等を変更することにより広範囲の原料を希望サイズに破砕することができます。 
破砕対象物
瓶、アスファルト廃材、コンクリート廃材、溶融スラグ等

HS400A
HS-400A 

 


仕様

 

機種
投入口寸法(mm) 動力

用途

質量
(ton)
kW(標準)
台数
HS-400A
260×400
7.5
1
溶融スラグ他
1.2

 

 

 

高速回転衝撃式破砕機

 

 

 

特徴
  • 高速で回転するハンマによる『衝撃破砕』、ハンマとアンビルによる『せん断破砕』、ハンマとグレートバーによる『せん断磨砕』の三つの破砕機構の組合せにより破砕します。
  • 一般都市ごみから産業廃棄物まで広範囲の廃棄物を破砕出来ます。
  • 4面(一部機種は2面)の破砕面を持つ自動反転式ハンマ(一部の機種を除く)の採用により、ハンマの4面が均等に磨耗していくため、ハンマの寿命が長く、交換頻度が少なくすみます。
  • ハンマピンが当社独自構造のため、特殊工具を必要とせず、交換が容易です。
  • ロータ周速、ハンマ数量、グレートバー開き目等を変更する事により、広範囲の原料を希望サイズに破砕することができます。
  • フレーム油圧開閉装置(一部機種を除く)により、保守点検が容易です。

HSH-1200
大型機HSH-1200 

 

 

 

小型機(電動機Vベルト駆動)

仕様

 

機種 投入口寸法(mm) 動力 用途 質量
(ton)
kW(標準) 台数
HS-400 240×400 11 1 プラスチック、電気部品 0.55
HSS-400 240×400 11 1 貝殻、ガラス、陶器、瓦 0.55
HS-500 400×580 15 1 貝殻、ガラス、陶器、瓦 1.05
HS-600 700×680 37 1 空缶、不燃ごみ、プラスチック 2.5
HSS-600 500×680 22 1 貝殻、ガラス、陶器、瓦、肥料 2.3

 

 

 

大型機(電動機Vベルト駆動)

仕様

 

機種

入口寸法(mm)

動力

用途 

質量
(ton)

kW(標準)

台数

HS-0700A

785×970

55〜 75

1

不燃ごみ、空缶

5

HSH-0700

780×965

55〜 75

1

不燃ごみ、空缶

4

HSS-0700

400×780

37〜 55

1

貝殻、ガラス、陶器、瓦

5

HS-0900

970×1000

110〜150

1

粗大ごみ、不燃ごみ

12

HSH-0900

910×1430

110〜150

1

粗大ごみ、不燃ごみ、コンクリート廃材

12

HS-1200

990×1260

150〜350

1

粗大ごみ、不燃ごみ

19

HSH-1200

1170×1700

150〜350

1

粗大ごみ、不燃ごみ、コンクリート廃材

19

HS-1500

1255×1500

150〜350

1

粗大ごみ、不燃ごみ

15

HSH-1500

1500×1920

150〜350

1

粗大ごみ、不燃ごみ、コンクリート廃材

29

HSH-2000

2000×2550

315〜400

1

粗大ごみ、不燃ごみ、コンクリート廃材

39

HSS-2000

2000×2550

315〜400

1

石炭、コンクリート廃材

40

 

 

 

ガラス破砕機(電動機Vベルト駆動)

仕様

 

機種

投入口寸法(mm)

動力

用途

質量(ton)

kW(標準)

台数

GHC-400

240×400

7.5

1

ガラス屑、ガラスびん

0.55

GHC-500

400×580

7.5

1

0.77

 

 

 

アルミプレス品解砕機(電動機Vベルト駆動)

特徴
  • 4面(一部機種は2面)の破砕面を持つ自動反転式ハンマ(一部の機種を除く)の採用により、ハンマの4面が均等に磨耗していくため、ハンマの寿命が長く、交換頻度が少なくすみます。
  • ロータ周速、ハンマ数量、グレートバー開き目等を変更することにより、広範囲の原料を希望サイズに破砕することができます。
  • フレーム油圧開閉装置(一部機種を除く)により、保守点検が容易です。

HSH1500
HSH-1500 

 

仕様

 

機種
投入口寸法(mm) 動力

用途

質量
(ton)
kW(標準)
台数
HSH-1500
1500×1920
150〜350
1
アルミプレス品
32

 

 

 

圧縮せん断破砕機

 

 

 

特徴
  • 押え機構により材料を押さえて、確実なせん断をします。
  • 送り方式はラック&ピニオンです。
  • 切断長は100〜400mmの範囲で調整可能です。
  • 手動レバー式、全自動式、手動ボタン式があり、用途に応じて選択する事ができます。
  • 消耗品は全てボルトにて交換ができます。
  • 切断押え部の摺動部はシンプルな機構を採用し、集中給油方式です。

1500W特別仕様
1500W(特別仕様) 

 

仕様

 

機種
※ケース寸法
(標準)(mm)
最高使用圧力(MPa)
切断力(kN)
押え力(kN)
動力(kW)
質量(ton)
ポンプ 送り 本体 油圧ユニット
1000W小型シリーズ 1000/1200W×
600H×3000L
14 667〜843 167〜211 7.5〜15 2.2 8.5 1
1000Wシリーズ 21 1010 245 22 2.2 10.5 1.8
21 1010 245 30 2.2 11 2
1200Wシリーズ 21 1451 314 22   11.5 1.8
21 1451 314 30   12 2

 

 

〔お問い合せ〕
ラサ工業株式会社
〒104-0031 東京都中央区京橋1-1-1 (八重洲ダイビル9F)
機械事業部 TEL:03-3278-3861 
E-mail:kikai@rasa.co.jp


トップページ環境機器インデックス
製品案内インデックス会社案内お知らせ関連サイト求人情報

Copyright RASA Industries,LTD